2018年06月18日

ダイエット 歯

こんにちは。

とても久しぶりに歯科医に行きました。
というのも、昨夜鏡をまじまじと見ながら発見してしまったから……

虫歯を!!

奥の奥、いつもきれいに磨いていたつもりなのに、
頬の肉側をめくってみたら、えぐれが……

痛みがなかったので気づきませんでした。
今日、すぐに歯科医とコンタクトを取り、午後受診です。

さて、ダイエットと何の関係があるかといえば
それはもう、健全な食生活と、です。
痛みが始まってからではもう遅いのです。
野菜をかみ砕いて食べるために、強い歯が必要ですし
やわらかいものばかり食べなければならないと
当然顎が衰退して身体のバランスが崩れます。

わたくしの場合、歯科検診がこんなに久々になってしまったのは
かかりつけ医が老齢になったからでした。
もし皆様も同じような事情があるなら、
できるだけ情報収集して働き盛りの新しいかかりつけ医を
見つけておくべきでしょうね。

というわけで、歯もダイエットに大切な要素です。
ラベル: 歯科医 減量
posted by コギト at 16:51| 東京 ☁| ダイエット 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

ダイエット トレーニング

こんにちは。

前回記事つながりで更に。
ダイエットには運動が欠かせませんが
運動キライという方も結構いらっしゃいますよね。
バレエ教師をしているわたくしも、実は鈍足で
あまり体力もなく、瞬発力はあっても持久力がないのです。

でも、こんな方法ならあきらめなくて良いのでは?





ええ、これも立派な運動ですから。
(気持ちいい)トレーニング。

お下品と感じられましたらごめんなさい。
わたくし自身、この歳でまだ経験が一度もありません。
いい雰囲気になって直前まで行っても
守り抜いてしまって。(恥笑)
けれど、一人で訓練するのも、大事なその時のため。

俗が聖に繋がる瞬間です。
posted by コギト at 10:30| 東京 ☁| ダイエット 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

ダイエット リップグロス

おはようございます。

以前にも紹介したかも知れませんが、改めて。
人によってはお下品と感じられるかも知れませんが
その場合はご勘弁を。

下着つながりで、パートナーとのあり方を
ダイエットに利用できます。

バレエではパ・ドゥ・ドゥーもしくはデュエットを
踊ることになると、ほぼ確実にダイエットに成功します。
羞恥心を利用するのです。
パートナーとなる男性に「重い」と感じられてしまうことは
女性としてはかなり恥。
一部の男性ダンサーが本音で語った言葉が印象的です。

「何といっても軽い子が一番だね」。

確かに、その通りです。
リフトは通常男性の腕の長さの範囲で上げますし
どんなに軽くても女性は38キログラムはあるでしょう。

38キロ! 海外旅行のスーツケース一つ分ですよ。
これを両手か片手で持ち上げるのです。
想像してみて下さい。

日常的パートナーとの関係性を利用するなら、
第一歩は唇から。




商品名が扇情的であれですが(笑
利用価値はあると思います。
一応言っておきますと、リップグロスです。
普通に使えますから(笑

posted by コギト at 07:52| 東京 ☁| ダイエット 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

ダイエット 下着

こんばんは。

最近、下着を買い足していて、面白い文言があるのに笑いました。
曰く、「Tバックは臀部を持ち上げることはできませんが
反って意識をして、引き締める効果が得られるでしょう」。

なるほどね。
そういう考え方もあるかも知れません。(やっぱり笑

ガードルは他力的に引き締める効果があるのでしょうが
ここは禅の教えのように自力でいつも意識。

というわけで、一つの選択肢として
ダイエットの方法にTバック下着をどうぞ。
効果のほどは皆様の努力次第(笑)




ラベル:下着 減量
posted by コギト at 23:07| 東京 🌁| ダイエット 器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

ダイエット 露出

こんばんは。

ダイエットしたい人は露出を嫌がることが多いと思われますが
むしろ露出した方が危機感を持って
日々励めるのでは?

今日は露出についてちょっとだけ語ります。

そもそも肥満の方は太っていることが恥ずかしいから
身体のラインを隠したいわけですよね。
けれども、これからの季節は特に隠し通せるものでもなく。

それなら、いっそのこと出してしまった方が自分のためです。

最初は恥ずかしいと思います。
こんなところやあんなところ、
道行く人から見られているんだろうな、と
すくむ思いでしょう。
その羞恥心を利用して下さい。

恥ずかしいからこそ、実行努力する。

ノースリーブで二の腕の振袖を晒す。
ミニスカートで太腿のセルライトを晒す。

恥ずかしい!

……からこそ、スリミングの努力の原動力になるのです。
posted by コギト at 23:05| 東京 ☔| ダイエット 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする